マンツーマン以外の指導方法

個別指導塾と言えばマンツーマンの授業が一般的ですが、最近の個別指導塾ではマンツーマンの指導以外にも生徒に自主学習をさせ、講師が巡回する方法や生徒二人に対して講師が一人の二対一の指導方法もあるのです。

個別指導で学力向上を目指す

学生

塾に通うメリット

塾に通えば授業で行なう勉強の予習や復習を行なうことが出来ます。また、授業の取りこぼしもしっかりと拾い上げ、勉強に遅れを出さないようにすることが出来るのです。

一般的な塾の形態

塾にはいくつかの授業形態があります。一般的な塾は集団の生徒に対して講師が一人付き、学習させるようになっています。集団授業を行なう塾の特徴として毎月の費用が安いという特徴があります。

個別指導塾の取り組み

大阪に限らず全国にある個別指導塾では、生徒一人に対して、講師が一人付きます。一対一の授業が行えるので生徒のレベルに合わせて授業を行なうことが可能になっているのです。この取り組みによって多くの生徒が学力向上しています。

保護者が選ぶ個別指導塾の特徴ランキング

no.1

進学率の高さ

保護者が選ぶ個別指導塾の特徴としては、進学率の高さが挙げられています。やはり塾に通わせる目的として入試や進学を意識している保護者が多いのでランキングのトップにきているのです。

no.2

授業料が安い

授業料は毎月支払う必要があります。そのため、授業料が安い個別指導塾は保護者としても有り難いのです。また、紹介システムを導入している個別指導塾では割引を受けることも出来るので、こうしたサービスを考慮している保護者も多いです。

no.3

講師が高学歴

生徒に教える講師が高学歴だと、勉強のやり方や単語の覚え方なども分かりやすく身に付きやすくなります。保護者の多くはこのような講師がいる個別指導塾を求めているのです。

no.4

成績が上がりやすい

成績が悪いと進級にも差し支えてしまうでしょう。個別指導塾で勉強する内容は生徒の学力に合わせて組まれているものになるので、しっかりと生徒の学力に結びつきます。

no.5

教え方がうまい

講師や塾の教え方がうまいと自然と学力も身についてきます。また生徒も勉強のやり方や覚え方がわかってくるので自分から勉強しようという意欲が湧いてくるのです。保護者として自分から勉強してくれるのは嬉しいでしょう。